余分な保険を切り必要な保険を選ぶことができる

糖尿病の保険

糖尿病でも保険に入れるのか

医療保険に加入しておくと、もしもの病気や怪我のときも安心し治療に専念することができます。そして加入するにもやはり条件はあり、まず加入時に健康であることが大切です。それゆえに加入したくてもすでに何らかの疾患があり、治療を行なっている場合などは加入できないこともあります。糖尿病などは長期に治療を続けなくてはいけない病気ですし、合併症になる場合もありますので、やはり加入できるほうが安心感があります。かつては糖尿病など持病のある人の場合は加入が難しかったですが、今は引受基準緩和型や無選択型保険もあり、持病のある人でも加入しやすくなっています。掛け金についても知っておきたいですが、こうした保険の場合は健康体の人が加入できるものよりやや掛け金は高めの傾向にあります。

それぞれの特徴を知る

糖尿病の人が加入できる保険は引受基準緩和型保険の場合は既往症がある人を対象に告知項目を限定しています。そして無選択型保険の場合は告知の必要はなく申し込みができるようになっています。いずれの場合も一般的な医療保険に比べると掛け金は割高の傾向がありますが、無選択型より引受基準緩和型はさらに保険料が割安になる傾向がありますので、少しでも掛け金の負担を抑えたい場合に向いています。このほかにも糖尿病と合併症に特化した医療保険もありますし、合併症やその他の病気にも対応できるタイプもありますので、加入前にはじっくり比較しておき、それぞれに特徴をよく知っておきましょう。比較サイトや資料請求なども利用し、特徴をしっかり比較して最適な保険を選んでいきましょう。

» ページのトップへ戻る